javaプログラマは高年収が狙える仕事

javaは世界中のさまざまな場所で使われている、求人数も比較的多いメジャーな言語である。したがって仕事は選びやすいが、数が多いだけに質の方もピンからキリまで揃っているのだ。安いものであれば年収200万円程度にしかならない仕事もあるし、高いものであれば20代でも年収1500万円以上もらえるものもある。

どれほどの年収が欲しいのか、どういった仕事に携わりたいのかで、求人案件は選んでいくのがいいだろう。もちろん、ハイレベルな仕事に就こうと思うとそれだけのスキルを準備しておかなくてはならないのは当然のことだ。未経験でもスキルがあれば雇ってもらうことは可能だが、その場合には資格を習得しておき、採用担当者に自分のスキルを客観的に示せるようにしておく必要がある。

高い年収を叩き出そうと思うなら、スマホ市場に関わると良いとされている。とくにスマホゲーム市場は拡大の一途を辿っていて、家庭用市場を軽々とオーバーするだけのお金が流入しているからだ。家庭用よりも開発費は安く、プログラミングもしやすいのに、家庭用よりも売上を伸ばせるということで大注目されている訳である。

こういった業界では第一線で活躍できる人材を常に探し求めているため、スキルを明示することができれば、それこそ簡単に採用されることだろう。個人で何か作品を作ってみて、それを持って自分を会社に売り込んでいくという努力が実を結ぶケースがあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です